アイスホッケーの基本と魅力を紹介!国内で試合観戦できる場所や日程

アイスホッケー

アイスホッケーは、氷上の格闘技と言われています。

初めて試合を観戦するまでは、その魅力に全然気づかずにいましたが、いざ!試合を観戦してみたら、なんて迫力のあるスポーツなんでしょうか!!

スポンサーリンク

最近では、女子チームの活躍で、オリンピックに出場しているので、テレビで見る機会も以前よりは増えてきたかもしれません。

それでもまだ見たことがない人も多いと思います。

今回は、私がハマったアイスホッケーの魅力をお伝えしたいと思います。

 

アイスホッケーのルール

アイスホッケーのルールを簡単にご紹介します。

アイスホッケーは、プレイヤー5名ゴールキーパー1名の合計6名でプレーをします。

1ピリオド20分×第3ピリオドまであるので、合計60分の試合です。

途中インターバルが15分ほどあります。

この20分間の間に、選手は自由に交代をして試合をします。

少し変わっているルールは、その交代の際は、審判には知らせることなく、自由に交代できるところです。

なぜなら20分もの間、とにかく走って走ってパックを追いかけるので、体力が持たないからです。

ずっと出ていられないほど、激しいスポーツということですね。

そこは、他の競技と少し違うとこかもしれません。

 

アジアリーグとは?

私が初めて観戦したのが、アジアリーグの試合でした。

アジアリーグとは、日本・韓国・ロシアの3カ国で、9月からレギュラーシーズンが始まり、2月から上位チームでのセミファイナル、その後ファイナルの試合があり、アジア1位の座をかけた試合をしています。

日本からは(2018~2019)
・日本製紙クレインズ(北海道釧路市)
・王子イーグルス(北海道苫小牧市)
・日光アイスバックス(栃木県日光市)
・東北フリーブレイズ(青森県八戸市・福島県郡山市)
の4チーム
韓国からは
・アニャンハルラ
・ハイワン
・デミョンキラーホエールズ
の3チーム
ロシアからは
・サハリン
の1チーム

合計8チームで熱い試合を繰り広げています。

 

アイスホッケーの魅力はスピードと迫力!

アイスホッケーの魅力は、何といってもスピードとその迫力です!

身長178センチほどの選手が、壁際にドーンとぶつかり合う時は、物凄い音と迫力があります。

スポンサーリンク

本気のプレーで、時には頬にスティックがぶつかり、頬が切れてしまったり。

白熱してくると、ちょっとぶつかっただけでも、そのまま乱闘になることも!

まさに氷上の格闘技です!

また、パックの速さはおよそ100km。

そのスピードで、相手チームの選手を交わしてパスが通ってそのままゴール!!

その時はもう鳥肌ものです。

 

試合観戦できるところは?

アイスホッケーは、やはり生で観戦するのが一番です。

テレビでは、この迫力はなかなか伝わりません。

そこで、どこへ行けば生で観ることができるのか、主なところをご紹介します。

国内では、ホームリンクのある釧路市、苫小牧市、日光市、八戸市、郡山市、また日本チームが集結して行われる集結戦は、横浜市等のリンクで行われています。

今後国内で行われる試合

開催期間大会名称会場
03/01~03/03第7回日本アイスホッケー連盟会長杯岡山県岡山市/岡山国際スケートリンク
岡山県倉敷市/ヘルスピア倉敷
03/01~03/03全日本オールドタイマー大会長野市若里多目的スポーツアリーナ「ビッグハット」
長野市オリンピック記念アリーナ「エムウェーブ」
03/15~03/17第23回全日本女子アイスホッケー選手権大会(B)北海道札幌市/札幌市月寒体育館、星置スケート場
03/23~03/24第7回全日本小学生低学年選抜大会「太陽生命U9ジャパンカップ2019」愛知県名古屋市/日本ガイシスポーツプラザ ガイシアリーナ
03/24~03/27第13回全日本少年アイスホッケー大会(中学の部)北海道釧路市/日本製紙アイスアリーナ、春採アイスアリーナ、柳町アイスホッケー場
03/24~03/27第14回全日本少年アイスホッケー大会(小学の部) 風越カップ長野県軽井沢町/軽井沢風越公園アイスアリーナ

 

なかなか生で観戦するのは難しいことかもしれませんが、もしお近くのリンクで試合が行われる時には、ぜひとも1度は足を運んで迫力満点のアイスホッケーを体験してほしいです。

(sa)

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました